私たちの本質は、人間の本質は、まさに「神」です。
「神」とは、いったい何を「神」だと言いますか?

「完全なる者」。

理由も条件もなしに「完全なる者」、それを「神」と呼びます。

私たちの肉体の本当の状態は光です。私たちの本当の状態は「光」です。太初に、天地創造のときの神様の光と、私の本質の光は同じ「光」だったんです。だから私たちは神の化身。神の分身で、神の子供だというと、それはすなわち神そのものでもあるということです。本当にとてつもなく偉大です。

ここでは誰もかれも、みんな神さまだというふうに言いますけど、普通の人が聞くと気が狂ったかと思うでしょうけど、私たちは神の分身であり分光だということがわかるから、私たちは「神」だということになるんですね。