「自覚」の方法を教えてください。

金の斧さん 

自覚をする方法は、ひとりひとり顔が違うように方法も違います。ご自身の方法というのが必ずあります。いつも同じような感覚で湧き上がってくる自分の問題があるはずです。

他の人にとってはどうってことない問題であっても、自分にはとても重要に感じられる内容で、いつも同じようなことで湧き上がってくる状況があるはずです。その状況が来ると、いつも同じ反応をし、同じような感情を起こしている問題があるはずです。そういうものを一度詳しく眺めてみてください。思いがけない答えが返ってくるかもしれません。

そのとき、「私はこうだ」と前以て答えをつくっておかずに、ただ眺めてください。

なぜこういう反応を起こすんだろう、なぜこういう感情を起こすんだろうと自分にきいてみてください。なぜ私にこういう状況が起こってくるんだろうと、思うのではなくて、なぜ私はこの状況に対してこういう反応をするんだろう、ということを見ることです。

すべてのこと、すべての状況は私がつくり出している状況です。その状況を起こっている外側で解決しようとしたら絶対に私の中を見ることはできません。いつも私を見ようと努力しないといけません。 

推測して、とりかからないでください。
答えを推測してとりかかったら、そこでもう、止まってしまいます。

人は、本当の自分の姿を見るということに対して、恐れを感じる人が多いです。このバカみたいな仕業を自分がしたってわけ?って。私がしたということを認めることが嫌なんです。あまりにもバカらしいことを自分がして、それを認めて受け入れたくないんです。

私の本当の、あるがままの姿を見ようとするなら勇気が必要です。ものすごい勇気が必要かもしれません。人は、あるがままの自分の姿を見ることがいやで、何度も何度も生まれかわってくるのです。