金の斧さん

私が「私」を見るときに、変な部分はひとつもないです。 
間違っている部分はひとつもないです。
当然、変化させないといけない部分もひとつもないです。
 
でも、見性すると、自分のこの部分は変なんだなってわかるんです。
だから、変な部分を直してみようと始めることができます。

メンバーは、そんなことしちゃいけないんですよ、
メンバーは、自分が、まだどこが変かっていうことさえも感じていませんよ。
私はこれで正しい、変なところはないと感じているんだから。

だから、変なところはないと思っているのに、
あちこち始めてみようと思うことは、無駄な動きをしていくことにすぎないです。

正確にわかった後には、始めることができます。

ですから まず、見ることが大事です。