自分への愛をやってみましょうか

     

   ぐっすり休んでいた肉体が、徐々に目を覚ます。

  横になったままで、ぐ?って伸びをしてから、

  手の指をゆっくりと動かしてみて、

  足の指もゆっくりと動かしてみて、

  膝も立ててみて、

  脊椎も左右によじってみて、

  頭も左右に動かしてみて、

  髪の毛、両方の目、耳と鼻、口と首、

  五臓六腑の身体部位、脊椎と腕と足・・・・

  私のすべての感覚器官に、

  「みんな、よく寝たかい? 今日一日、私が君たちに、
      愛と楽しみ溢れる一日を作ってあげるからね、今日も一日よろしく頼むよ」

  と、柔らかくて愛のあふれる声でささやいて、

  手のひらで、頭から足の先まで軽くさすってマッサージをしてあげる。

  たとえば、手を目に置いて、

  「目や・・・愛しているよ・・・よく寝たかい?
       ・・今日も美しい世の中を見るようにしてくれるかい」

  「耳や・・・おはよう・・・充分に休んだかい?
        ・・君を通して、今日も美しい音を聞けるだろうね」

  という方法で、頭から足の先まで。

  このように覚ますのにかかる時間は、10分?20分ほどあれば十分だ。

  身体部位の中で特別によくないところがあるなら、もう少し気をつかってあげよう。

                          (ミルさんの講義テキストより)