跳躍

2018年1月21日
イエスは、「人間には休息がない」と言われたことがあります。



この言葉が意味するところは、
人間の存在とは「完成した形態ではなく完成に向かっていく途中過程だ」
ということです。



ある一人の師がやはり、このような言葉を述べたことがあります。
「人間の下には自然があり、人間の向こうには神がいる。人間は、まさにその間にいる。
人間とは、自然と神を繋ぐものであり、はしごである」



そうです。
はしごの上では、休息を取ることができません。
はしごの上では、止まることもできません。
はしごは、私たちの居所とはなり得ないのです。



結局、人間とは
跳び越えなければならない存在であり、通らなければならない過程なのです。



現在の私、今の人間の状態に止(とど)まっている限り
私は休むことができないばかりか、平穏を維持することもできません。
はしごは登るためにあるのであって、止(とど)まるためにあるのではありません。



みなさん〜

もう一度、現在の私の存在状態について自覚を起こし

跳躍していきましょう。




(この文章は2017年07月20日に書かれたものです)

更新日: 2018-01-21