生きて息をする自由

1999年11月30日
仏に悟りがあったなら、仏に会った人は全て、悟りを得たはずだ。
経典に悟りがあったなら、経典を読んでみた人は全て、悟りを得たはずだ。
出家に悟りがあったなら、家を離れた全ての人たちは、悟りを得たはずだ。

悟りはどこにあるのか。

私にあるのだ。

何を悟りだというのか。

私を知ることだ。

私について何を知らなければならないか。
私について何も知っていないことを知らなければならない。

私を知るためにどうしなければならないか。
私をまず顧みなければならない。

私に何を見るのか。
私から無くなっていくものが何であるのか、探して見なければならない。
私から無くなっていくものが何か。

私の肉身と共に、私の肉身が呼び起こした、全ての行為と考えだ。

ならば、私に残っているものは何か。

私に対する自覚だ。

何が私に対する自覚であるか。

私を在るようにする私に対する認識だ。

何が私を在るようにするのか。

私の存在意志だ。

私の存在意志はどこから来るのか。

私の自由から来る。


私は誰なのか。

自由だ。

どんな自由か。

存在からの自由。
非存在からの自由。
全てのことからの自由。
生きて息をする自由だ。

更新日: 2013-04-26 09:31:41