閉じる

小犬と骨

小犬と骨

1999年11月30日
欲張りな小犬が骨をくわえて橋を渡りながら

橋の下に、自分と同じように骨をくわえている別の小犬を見つけます。


水に映った自分の姿を、別の小犬だと錯覚したのです。

欲張りな小犬の目に映った別の小犬の骨は、自分のよりもっと大きく見えます。


妬ましくなった欲張りな小犬は、橋の下にいる小犬に向かってワンワンと吠えます。

自分がくわえていた骨さえなくしてしまった瞬間です。


今の私が手にしている物がないならば、過去の私は多くの物を手にしてみた人でした。

もしも今の私が多くの物を手にしているなら、過去の私は手にした物がそれほどなかった人でした。


過去の私が多くの物を手にしてみたので、今の私は持つ物がない人になったのであり

過去の私が多くの物を手にできなかったので、今の私は多くの物を持った人になるのです。


私の心はこのように、時計の振り子のように動くのです。

心が一方に傾くと、たちまち別の方向へと心を追い立てて行きます。


多くの物を手にした私は、いっとき豊かさに留まっていても、

再び、所有に対する虚しさと倦怠を感ずるようになり、何も持たない環境を作って、

何も持たない私は、いっとき貧しさに留まっていても、

再び、所有に対する願望と欲望を持つようになり、多くを手にする環境を作ります。


このように、自分の環境に嫌気がさせば、相対する環境を、また再び作って経験すること

これが、私が今まで経てきた輪廻の実体だったのです。


なければ持つために、なくせば得るためにあがきますが

これを持ったら別の物にまた欲を出し、別の物を持てばそれに嫌気がさすという、

私の心が欲張りの小犬の心だったためです。


まだ、今の私は不足で、不満足で、十分ではなく、不幸だと思うのですか?


そうして、橋の下に映った私の姿を他人の姿だと錯覚して、その虚像を追いかけているのですか?


もしもそうなら、私は、大切な私の「今」さえなくしてしまう欲深い小犬の人生を送ってしまうでしょう。


私の心を自覚して、その心の主人である私を自覚して、感謝する「今」を生きていくこと、

これが、本当に人間らしく生きる道です。

更新日: 2013-06-12 15:56:00