あなたの姿

1999年11月30日
ここに、一人の人が絶壁に立っています。

彼の目の前にあるのは、下が見えない高い高い断崖であり

どうしてもこれ以上は進めない、刃物のような狭い地の上に

彼は立っています。


いつなんどき、足を滑らせて墜落するかも知れず・・・・

いつ、風に飛ばされるかも知れません。


その狭苦しい所に、自分だけ一人でいるのでもありません。

また、そこにどれほど留まりたいと言っても、運命という力によって

彼は、いつかは落ちなければなりません。


彼はなぜ、そんな索莫とした所にいるのでしょうか?

誰が彼をそこに留まるようにしたでしょうか?

運命でしょうか・・・・・「神」でしょうか?

..............................................................................?



どこの誰でもありません。

それはほかでもない、「自我」という狭苦しい位置を選んだ私の自由です。


それはまさに、皆さんの選択だったのです。

皆さんの本質は自由です。


皆さん〜


思うがままにしてください!


しかし、これだけは忘れないでください!

自由が皆さんの本当の主人になるべきだということを・・・・・・


瞑想をします・・・・注視者になります・・・・観照者になります・・・・


瞑想する者がいて、注視する者がいて、観照する者がいます。


しかし彼らは、また、誰でしょうか?

誰が彼らを存在させるのでしょうか?

........................................


それもまた、皆さんの自由であるのです。


自由が瞑想をさせ、自由が注視をさせ、

自由が観照をさせるのです。


そこの主人もやはり「自由」であるのです。


皆さん〜


全てのことの主人になりましょう!


そうなるために自由人になりましょう!


全てのことを存在させ、全てのことになることができ

全ての選択権を持つ・・・・・・


そうして、全てのことから自由でいられるしかない

偉大な「神」の姿が、まさに皆さん!

あなたの姿なのです。

更新日: 2013-06-12 15:59:17