閉じる

風について・・・

風について・・・

1999年11月30日
こんにちは、皆さん(笑)

お元気でしたか?

私が行った所には台風が吹きました。
強いサイクローンが来たのです・・・

涼しくて爽快でした・・・
私たちが風に対して、全くわからなかった時

すなわち、残念ながら、私たちが風を全く見られなかったとき
私たちは風に対して多くの想像をして

風に対するたくさんのイメージを描くはずです。
私の肌に触れる感じ・・・

風のにおい・・・・
私を覆う無形の巨大さ・・・・

どれひとつとして、はっきりと当を得ていない、そんな感じなのです・・・
しかし、いつのまにか目を開けて、風を眺めるようになると

どんな形体も、どんな実体も見いだせない、虚空だけなのです。
心の中でいつも描いてきた、そんな風の姿は、どこにも

見いだすことが出来ません。

皆さん!

悟りは、こんな風のようなものです。
私たちがそれに対してたくさんの話をし

それに対して数多くの定義を下しても・・・
皆さんがいつか、心の目が開くとき

悟りは、このように、いかなる姿も所持せず・・・
どんな概念でも説明できない・・・

風のようなものだとわかるようになるのです。

そして本当にそうなのです(笑)

更新日: 2013-06-26 19:55:56