閉じる

選択と自由

選択と自由

1999年11月30日
はかない人生・・・・・・・
今日一日が過ぎて寝床に入ると、こんな思いになりませんか?

一日生きて死に、また再び一日生きて死んで・・・・ずうっと・・・
このようなはかない人生の繰り返しなのです。

掠るような一日が過ぎれば、睡眠という死の状態を迎えるようになり
人々はその次の日、再び新たに生まれます。

たとえ過去の記憶が残っていても、それは過去の記憶を同伴した
新たな生の始まりなのです。

実は、皆さんの一日と皆さんの人生は、大きな違いがありません。
強いてその違いを挙げるなら、個と集合の違いだといいましょうか?

一日という個が集まって、人生という集合を形成すること
それ以上でもそれ以下でもありません

さらに言うなら、一つの生涯の生と輪廻を通した数多くの転生の生もまた、
それと違わないのです。

細部にわたって見ても、ひとつの考えが起きて、それから派生する
多くの考えが調和して、行為が生まれ、その行為たちが
別の行為たちを呼んできて・・・・・それで一日が作られるというのです。

このようにして皆さんたちは、このような形式に合わせて、
数千の生を生きてきました。

うんざりするほどに、です(笑)。
おもしろいことに宇宙は、人のこのような生のパターンに、忠実に
ついて来てくれています。

宇宙が創造されて変化されて広まる過程は、人生のドラマと
とてもよく似ていて、そんなドラマが繰り広げられる立派なセット場に
なってくれています。

人間のエゴが永遠の乞食であるように、限りなく創造を指向する
宇宙の心もまた、永遠なる乞食なのです。
そうです!

創造と輪廻は、このような乞食根性から始まったのです。
けれども「神」は、決して乞食ではありません。

彼は私たちに選択を付与しました。
彼は私たちに自由を贈りました。

かくして、このような「乞食根性」さえも、私たちの選択になったのです。
私の選択は、私たちの選択であり、宇宙の選択であって、
神の選択であるのです。

そしてそこには、いつも自由があります。

皆さん!
自由を愛しましょう!

そして、その自由を悟りましょう(笑)。

更新日: 2013-06-26 20:53:22