閉じる

ここになぜ来たのか

ここになぜ来たのか

2017年8月6日
教会や聖堂に行って、お釈迦さまを褒め称え、念仏を唱える人がいたら
寺へ行き、神さまイエスさまを探し、讃美歌を歌う人がいたら

私たちはそんな人を指して
「突飛な所で、見当違いなことをしている」と言います。

いるべき所にいることも重要だけど
するべき所に行ってするべき事をするのも大事なことです。


私がこの世に生まれたには
当然、この世に生まれた理由があるのです。

であるなら、私はその理由を知るために努力するべきで
その理由を必ず知らねばならず

その理由を知ったなら
この世に生まれて何をするべきかを明確に認識して
そのように生きていかなければはなりません。


しかしほとんどの人は
このような根本的な、自分の存在に関する理解、人生の趣旨について
全く関心がありません。

人々にとっての主な関心事は
ひたすら動物的な生存に執着する全てに過ぎないのです。

どれほどあきれて不可思議な、この現実でしょうか。


誕生と死を、対岸の火事のように見ています。
それらの事は、自分とは全く無関係かのように生きています。

全ての人が、このように
突飛な行為や見当違いなことをしながら生きています。



現在の私において
何が最も正しい思考であり、何が正しい理由でしょうか。
何が最も正しい行為であり、何が正しい行動でしょうか。

これについて、あえて説明をしなくとも
みなよく知っているはずです。



マトリックスで、預言者オラクルはネオにこう言うでしょう。

「あなたは選択しようとしてここへ来たんじゃないわ。
あなたはすでに、選択をしたんだから。

あなたがここに来たのは
なぜその選択をしたのかを知ろうとしてなのよ」。






(この文章は2015年1月08日に書かれたものです)

更新日: 2017-08-06