水の泡

余寒厳しい日々が続いております。
皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

はじめまして、101キャンドルライトの善才(ぜんざい)と申します。
今月のメルマガを担当させていただく事になりました。どうぞよろしくお願いします。

この間、私生活において、思い通りにいかない事があって、ストレスを感じてしまい、
イライラしていろいろな考えが何個も何個も出てきて止まらなくなりました。
そこから逃れようと考えないようにするけれど、何度何度も考えが出てくる。
ダレガソウカンガエテイルって自覚するのですが、すぐに考えに飲み込まれてしまって(笑)

まあ、ハマる事はよくあるんですが、その時はいつもと違って、考えをみていると、
浮かんでくる考えが、気泡のように上っていき、
その気泡(考え)が何個も何個もブクブクと海面に上っていくように感じて、
それとは逆に私の意識はどんどんどんどん沈んでいき、
深海の中で、大いなる私、創造主の私、言い方は何でもいいんですが、
ほんとうの私に還っていってるようで、安心感というか、至福感なのか、
なんというか、すごく気持ちがよくて、言葉にするのは難しいんですが…
まあそんな感覚になりました。

深海で、浮かび上がっていく気泡(考え)がどんどん創造されるのを見ながら、
泡で海面がいくら荒れようとも、わたしには影響ないんだ。
あー考えってやっぱり私ではないんだな〜私が好きでつくってるんだな〜
考えと私を分離する事ができて、
どうしようって抱えていた問題やイライラしていたストレスを俯瞰でき、
自分のつくっていたストーリーにハマっていた事に気づく事ができました。
時間にすると、ほんの少しの事なんですが。

考えは、海の泡のようなものであると、私の師匠であるマスターゲートも例えた事がありました。
ゲート氏が言われる人間性を捨てろっていうのは、
その泡を捨てろ、泡に囲まれてる事に気づいて壊して自由になれって事なのかとも思います。

人はいろんな水の泡をつくります。
お金の執着だったり、人間関係では比較して劣等感、
家庭や恋愛では人からの愛を求めたりして欲望、欲求の水の泡をつくり、追い求めてしまう。
たとえ手に入れたとしても、今度はそれにしがみつき執着して、
失う恐れをつくったり、虚しさを感じたりして、いつまでも満足されるものではありません。

または、枠をつくってしまう事もあります。
例えば、やりたい事があったとしても、失敗して自尊心を傷つける事を恐れて、常
識的に無理、おかしいとか、できない制限をつくったり、
逆に人の目(世間体)を気にして、ガマンしてやりたくない事をやり続けてしまう。
恐れ、自我の罠を見抜く事ができずに、泡の中から出る事ができない。

水の泡を求めたり、その水の泡に囲まれたり、恐れたりして、
ほんと人間って、なんでこんなにいっぱいつくるんでしょう。
進化する為なんでしょうか。人間って、ほんと大変ですね^ ^

それで、さっきの体験の後どうなったかなんですが、海の底にいながら、
ずっとこのままでいたい、ここにいたいって思ったんですよ。
いたいって大きな水の泡を創造して同化しちゃったんですね。
そうすると泡の浮力なのか、どんどん意識が海面に浮上していくので、
また海の底に潜ろう、私に還ろうとして、
どうやったらずっといられるんだろ、もっと長い時間って方法とかを探したりして、
水の泡をつくって、海面、肉体意識に戻ってきました(笑)

この経験を通じて、あらためて、私は考えではなくて、私は考えを創造する存在である。
私は自由だ!
そんな水の泡を創造してます(笑)


来月のメルマガは、ナチュラルスピリット社より『悟りハンドブック(仮)』をもうすぐ出版される
ドルフィニスト篤こと、青糸さんです。楽しみにしていてください。


お知らせです。
4月6日〜13日にバリでのワールドツアーが決まりました。
もうすぐホームページとメルマガでお知らせしますので、しばらくお待ち下さい。
いろんな方とバリでお会いできるのを楽しみにしています。

キャンドルのホームページの予定→スケジュール欄に
メンバー同士で行っているイベントが見られるようになりました。
基本的にはメンバー向けのイベントなんですが、一般の方も参加できるものもありますので、
気になりましたら、メールやお電話で、お気軽にお問い合わせください。
http://101candle.jp/calendar.php


まだまだ寒い日が続きますが、身体、心の風邪などひかぬようにお気をつけてお過ごしくださいませ^ ^
最後までお付き合い下さりありがとうございました。善才でした。

配信日:2017年2月7日