なぜ、私が存在するのか?

こんにちは。


101キャンドルライトの平和と申します。

月に二回ほど、キャンドルライトのメンバーが、悟りや自覚についてのメルマガを

お届けしています。



早速ですが…

あなたは以下の疑問を感じたことはないでしょうか?



【なぜ、私が存在するのか?】


私はこれまでの社会生活の中で、色々なことを我慢して生きてきました。

衣食住と家族を守ること、そして楽しみは趣味だけでした。

このような平凡な生活をしながらも、心の奥底では「私はいつか死ぬのに、

なぜこんなに必死に生きなくてはならないのか?」と感じており、ずっと疑問でした。




【なぜ、私が存在するのか?】

私はこの答えを探し求めていたら、キャンドルライトの「自覚」に辿り着きました。

「自覚」とは、私という存在に対して意識を向けることです。

キャンドルライトの「自覚」は、私を知る意味において、とてもシンプルで

効果的な方法です。



自覚を実践するにあたり、まず、私を知る糸口が必要です。




マスターゲート氏は言う。

【今、あなたが考えていることは誰の考えですか?】


このように自問自答していく中で、「思い浮かぶ全てのことは、

実は、私が生み出しているのだ」と気づいていきます。



そして再び、マスターゲート氏は言う。

【様々な考えを生み出す私とは何だろう?】



自覚に出会って間もない頃の私は、考えを私の考えで観ていました。

これを一般的には「反省」と言います。



この方法では、人間の習性として、私(エゴ)を存在させるための「自己防衛本能」が

起動してしまい、いつの間にか「思考や感情」という名の大海原へ流されてしまいます。



「私のせいだ、あいつのせいだ」と私(エゴ)が私自身を説得して、安堵感を

求めようとします。

しかし、これでは根本的な解決にならないため、ストレスとして積もってしまうのです。



すぐにはうまくいきませんが、続けていくと、自然に俯瞰して私のことを

観られるようになります。

私の目の前を「私の思考と感情が現れては、消えていく」 ことがわかります。




自覚を定着させるには、継続する情熱が必要です。


なぜか?


それは、何万回と輪廻転生を繰り返す中で生まれた考え癖(カルマ)や私の個性が、

足かせになるからです。



自覚への情熱が希薄だと、すぐに自分の創り出した「考え癖の世界」に

引き戻されてしまいます。

「もうこのサイクルからの卒業だ‼」という強い情熱が、真の私と出会うカギであると

私は実感しています。



自覚が定着してくると【私は何であるか?】が観えてきます。真の私に出会えます。

私は、キャンドルライトの自覚で真の私に会うことができました。



【思考と感情が私ではない】ことが明確にわかるようになり、

結果的に様々な恐れや不安に対しての執着が薄れています。



今の私は、真の私といつも一緒にいられるように自覚を深めています。




最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

私のメッセージを読んで頂いたのも、何かのご縁だと思います。



101キャンドルライトでは、共に自己探求する仲間を道伴と言います。


【私は何だろう?】という質問に、自己の探求心が湧いた方は…

ヒントはキャンドルライトの自覚にあります。答えはあなた自身で見つけて下さい。



興味が湧いた方はぜひぜひ一度、101キャンドルライトへ遊びに来て下さい。


*******************************************

〜101キャンドルライトからのお知らせ〜

マスターゲート氏と行くワールドツアーin名古屋がもうすぐ開催されます!

詳しい内容はこちら
http://101candle.jp/event-505.htm

締め切りが迫っております。

関心がおありの方は、この機会にぜひ、直接マスターゲート氏とお逢いになってみてください。

配信日:2017年5月25日