更新日:2018-05-07

空っぽの心

老子は言います。

「粘土をこねて器を作れば、その空いた所(無)が『盛る器』としての役割となる。

戸や窓を作って部屋を組み立てた場合にも、その空いている部分(無)を部屋として利用する。

そうであるので、有ることが利になるというのは、無いこと(無)が作用するからである。」

私の心が空いている時、私という肉体の器は、品格ある使い手(利)を発揮します。

私の心が空いているので、私は相手を許容して受容し、理解してあげることができるからです。

真の知恵とは、このように、私の空いている心から出てきます。

自覚している心は、空いている心。

私の品格を示しているのです。

(こちらの文章は2018年4月11日に書かれたものです)