更新日:2020-05-07

発想の転換

昔、大学の研究室にいた頃のことです。

当時滞在していた宿所から学校までの距離はおよそ2km程度だったのですが

あちらこちらの路地を過ぎて後門を通って行くコースは、いつも決まっていました。

そんなある日、5年もの月日が過ぎて学校をやめる頃

宿所から学校に行く近道を見つけたのです。

近道を通って学校へ行く距離は、わずか5百メートルに過ぎませんでした。

その時の当惑さ加減と言ったら…

道が木立の間にあったので、通いながら通り一遍に森だけを見て

その間に道が延びているのを、注意深く見ることができなかったのです。

当時、5年という歳月を無駄に過したんだなぁという自壊感まで湧きました。

世の中で暮らしながら、私たちはこのような大小の機会をたくさん逃して生きています。

人生と勉強も、同じです。

もう少し深く考え、もう少し注意深ければ

人生の近道、勉強の近道はいくらでもあります。

このごろ私がユーモアを載せる理由は、単に笑おうとばかり思って載せるのではありません。

まさにこのような発想の転換、考えの転換を通して、認識の領域を広げてみようという趣旨なのです。

考えと発想の転換によって、私たちは笑うことができ、より軽くなって

知恵深くなります。

笑いを通じて、私たちは一階段、もっと自由に近づきます。

笑いはすなわち、人生と勉強の近道だからです。

先日、出家者講話の時に、この言葉を言い忘れました。

(この文章は2019年6月7日に書かれたものです。)