極めてもっともな真理

2020年6月24日
人は、私の心という言葉を使います。

そうして心を、肉体的な「私」に属している付属品ぐらいに考えています。

しかしこのような考えは、私のアイデンティティーを忘却した誤謬から始まったものです。

私のアイデンティティーは何でしょうか。

私は精神であり、意識であり、心です。

いままで輪廻転生してきた数多くの生がそうであったように、肉体は私の精神によって随時、他の肉体に変わってきました。

ですから肉体的な私は、私の一部であるに過ぎません。

言い換えれば、心が肉体の一部ではなく、肉体が心の一部ということです。

すなわち心は、私の所有物ではなく、私自身なのです。

それで、すべてのことが心にかかっているという一切唯心造の真理が、当然の真理となるのです。

主権は肉体ではなく、心にあります。

私は肉体の君主です。

心がすなわち、私であるからです。




(この文章は2014年4月9日に書かれたものです。)

更新日: 2020-06-24