更新日:2020-11-14

瞬間から永遠へ

真っ暗な夜空に花火が弾けます。
空へ立ち上った火花は、強烈な光を発散しながら四方に広がって
色とりどりに夜空に刺繍を入れたような素敵な光景を演出します。

まさにみなさんから自覚が起こる時、見られる霊的な姿です。
この自覚の火光は数千、数万キロ離れたところからでも見え
地球の外からも見えて、他の太陽、他の宇宙からも見えるのです。

「人は花より美しい」という歌の題名があります。
そうです。
人から自覚が起こる時
その人は世の中で最も美しい人間の姿に見えるのです。
花よりも美しく、世の中のどんなものよりも美しいのです。

私は実は、貴方がたから悟りに対する答えを願ったのではありません。
答えは貴方がたから見いだすことができるのです。
なぜなら 私 という存在自体がすでに真実であり、答えであるためです。

いかなる疑問を作り出して、いかなる答えが出てきても
疑問の内容が重要なのではなく、答えの内容が重要なのでもありません。
そのような疑問と答えを生み出している主体が、まさに私だ、という自覚が重要なのです。

ありがたいことに貴方がたは大切な自覚の機会を持ちました。
私自らで眠りから早く覚める、意義深い時間が来ました。

自覚はずっと持続されねばなりません。
瞬間から永遠へ……

(こちらの文章は2015年8月7日に書かれたものです)