更新日:2021-01-13

松の教訓

松の種が、二つありました。一つは岩の隙間に落ちて、もう一つは土の中に埋まりました。

土の中に落ちた松の種は、すぐさま芽を出してすくすく育ちました。

しかし岩の隙間に落ちた種は、少しずつしか育つことができませんでした。

土の中で育っている松が、言いました。

「私をごらん。 私はこんなに大きく育ったというのに、君はどうして、そんなふうに少ししか育てないんだい。」

岩の隙間の松は、何も言わずに、深く深く根を下ろすことばかりしていました。

ところがある日、雨風が吹きつけました。 台風でした。

山の上に立っていた木々は、引き抜けて折れていました。

その時、岩の隙間で育った松は屈せず立っていたのですが、土の中にいた木は引き抜かれ倒れてしまいました。

私たちの住む世の中は、土の中と同じです。

自由があって、できることが多く、楽しめるものがたくさんのように見えますが

ある一瞬に雨風が吹きつけ、あげくに台風のような試練が迫ると、根っこごと引き抜けてしまう、風前の灯火が集まって暮らしている所です。

これに反して出家の人生は、範囲があって制限があり、節制がある閉じこめられた生活に見えたとしても

そのような暮らしの中で自分を顧みることができ、自分について省察することができる、私の根を深く下ろせるようになる人生です。

そうして、いかなる混乱と試練の風が吹いて来ても、屈せずに自分自身を守って持ちこたえることができるのです。

たとえ現在の私の状況が、肉体の出家を許さなかったとしても

私たちはみな、必ず心の出家をして、あの哀れな土の中の木々の身の上になっては、いけないはずなのです。

(こちらの文章は2018年1月16日に書かれたものです)